保育方針

育てたい子ども像
  • 心も体も健康な子ども
  • 生活習慣を身につけた子ども
  • 豊かな言葉を身につけた子ども
  • 自分も友達も大切にし、仲良く協力しあって遊べる子ども
  • 豊かな創造力を身につけた子ども
保育のすすめ方
  • 子どもを大切に受容する。
  • 子ども一人一人の発達を理解する。
  • 子どもの自己活動を重視しながら生活リズムを大切にする。
  • 子どもにふさわしい体験ができるよう、環境を整え教育、遊び(生活)を通して 総合的な保育をする。
  • 子どもの人格を十分に配慮し、異文化も認め合う。
保育目標
  • 生きていくうえで必要な、基本的な生活能力を育てる。
  • 健康・安全など生活に大切な基本的生活習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を育てる。
  • 友達や身近な人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼、人格を大切にする心を育て、 自主協調の態度を養う。
  • 自然界や社会の事象について興味や関心を育て、豊かな心情や思考力の基礎を育てる。
  • 生活の中で、言葉への関心を育て、喜んで話したり、聞いたりする態度や豊かな言葉を育てる。
  • いろんな体験を通して豊かな感性を育て、創造力の芽生えを育てる。